2013年04月25日

ZOOM G2を買うならシグネチャーモデルがお得、という話。

さて、ZOOMのマルチエフェクターの話の続きです。

私の最近の一押しマルチエフェクターは、ZOOMならG2Nuなのですが、最初の1台でいろいろ楽しむなら、まあ少し大きくなっても、ペダルのついたG2.1Nuのほうがいいようにも思います。


ZOOM G2Nu G2.1Nu

でも、ちょっとG2.1Nuは高いんですよね…。

ところが、ここで面白い「策」があります。それは、

G2.1Nuの系列のシグネチャーモデルを狙う!

という方法です。

シグネチャーモデルというのは、有名ギタリストとタイアップして、そのギタリストが作成した音がデフォルトのプリセットパッチとして登録されています。
そして、外観がそのギタリストのイメージにあわせてカラフルに色づけされています。

そして、このG2.1Nuをベースにしたシグネチャーモデル(中身はG2.1Nuと同じで、見た目と内蔵プリセットパッチが違う)が、現在、なぜか本元のG2.1Nuより値下がっているのです。


G2.1KL(キコ・ルーレイロモデル)


G2.1MA(マイケル・アモットモデル)


G2.1DM(デイヴ・ムステインモデル)

モデルにもよりますが、ヘタするとペダルのないG2Nuより安いです。
それでいて、ギタリストのサイン入りピックとか、いろいろオマケもついていたりします。

プリセットパッチが置き換わってしまっているので、プリセットの汎用性こそ失われているかもしれませんが、ちょっといじれば自分なりの音はすぐに作れます(それに、少し慣れれば必ずプリセットでは気に入らなくなって自分でエディットするでしょう)から、特に問題にはなりません。

非常にお得な、G2.1Nu系のシグネチャーモデルを、ぜひ狙ってみて下さい。
posted by そらパパ at 21:50| Comment(0) | TrackBack(0) | ウクレレ | 更新情報をチェックする

「とりあえずマルチ」ならZOOMかな、という話。

さて、エレキウクレレと組み合わせるエフェクターについて、いろいろ書き始めていますが、この辺りはガジェット好きのヨタ話になってしまっていて、話がなかなか前に進まない(笑)ですので、「とりあえず何か買ってエレキウクレレ+エフェクターで遊びたい」という方向けに、とりあえず「これ買っておけばそんなに失敗はないよ」という機材をまずは(ウンチクを続けていく前に)ご紹介しておきたいと思います。

そして、私なりにエレキウクレレと一緒に遊ぶエフェクター、アンプシミュレーターなどをいろいろ試してみて、この「とりあえず初めて選ぶならこれ」という条件に該当するのはZOOMのマルチエフェクターかな、という結論になりました。
これは特別な意図はなく(笑)、シンプルに価格に対する性能の高さ、基本的なパフォーマンスの高さへの評価です。
特に、エレキウクレレが発するハムノイズへの耐性がZOOMは素晴らしく高いです。

というわけで、まずはおすすめNo.1。



ZOOM G2Nu G2.1Nu

ZOOMのマルチエフェクターは、G1、G2、G3(さらに上もありますが巨大すぎ)とあり、数字が大きいほど上位機種になります。
そのなかで、このG2Nu系列は、2とあるとおり中位機種になります。
この機種がG1系より優れているのは、情報表示窓がセグメントLEDではなく液晶になっていること。
音色をエディットする操作がほとんどLEDの呪文を解くパズルのようになってしまうG1系に対し、G2系以上はちゃんと名前や数値が液晶画面上に表示されますので、比較にならないくらいわかりやすいです。(ただし、G2系も「Nu」以外の古いものはセグメントLEDなので注意!)
はじめてのエフェクターで、いろいろ試行錯誤してエフェクトをいじる楽しさが満載で、しかも性能と価格のバランスのいい、この「G2Nuシリーズ」が、「最初の1台」として、私の一番のオススメです

「2」と「2.1」の違いは、足で操作するペダルがついているかいないかの違いです。ペダルは、まああったほうが便利ですが、値段も高く、サイズも大きくなりますから、あえてないものを選ぶのも1つの考え方です。
ペダルのないモデルを買って後から外付けのペダルを買うことも可能です。

そして、こちらも初めてのエフェクターとして十分選択する価値がある、G1シリーズ。


ZOOM G1N G1NX G1u

ZOOMのマルチエフェクターで、エントリーモデルにあたるのがG1系です。

特に「G1N」は、小さく、軽く、とても安い、コストとサイズを重視するなら、最初の1台に最もぴったりの機種だと言えるでしょう。
先に書いたとおり、セグメントLEDを見てのエフェクトのエディットはちょっと辛いものがありますが、説明書を見ながら操作すればなんとかなるレベルです。(G1系のエディット操作はそのぶんシンプルになっています)
「G1N」と「G1NX」の違いは例によってペダルのありなしで、「G1u」との違いは、「u」にはUSB端子があってPCとつなぐことができるということです。

G1系は安いモデルですが、性能は相当に高いと思います。
ノイズは特筆できるレベルで低く、音はクリアでエディットの幅も広く、普通に演奏する際に必要になりそうなエフェクトはこれ1台で全部揃います。単3電池4本で動く(しかもかなり電池長持ち)のも便利です。

少しお金に余裕があるならG2Nu系、コスト重視でできるだけコンパクトなものがいいならG1N系を選べば、「最初の1台」として後悔しない選択になるんじゃないかな、と思います。

posted by そらパパ at 00:05| Comment(0) | TrackBack(0) | ウクレレ | 更新情報をチェックする

2013年04月15日

ウクレレの弦の張替えに挑戦!

さて、我が家にあるエレキウクレレの1本、エレウケ ピーナッツですが…





見ての通り、クリアカラーのナイロン(たぶん)弦が張ってあります。これは、買ったときに最初から張ってあった弦です。
でも、ちょっと見て分かるとおり、明らかにかなり太い弦が使われています。

そのためか、このエレキウクレレから出てくる音は、かなり丸くて甘い音で、それはそれでいいのですが、「エレキ」ウクレレとしてはちょっと丸すぎるようにも感じます。

ということで、弦を張り替えて音の変化を試してみることにしました。

張替えに使ったのは、こちらの安価なブラックナイロン弦です。


ウクレレ弦 ALA MOANA AU500

こんなに安くても、ちゃんと4弦全部入っています。



それではさっそく作業開始です。まずはいま張ってある弦を外します。



このとき、ついでに普段なかなかうまく掃除できないフレットボードの清掃を行ないます。フレットボード専用のクリーナーを使うのが基本です。



もとあった弦をはずしたら、今度は新しい弦をブリッジに巻きつけていきます。(いろいろなタイプがありますが、このウクレレは一番面倒な(笑)クラシックギター方式でした。)



ブリッジに弦を巻きつけたら、今度はペグに弦を巻いていきます。



巻きながら、ある程度チューニングもとっていきます。
(ちなみに、ここで写真に写っているのが、現在私がもっとも愛用しているマルチエフェクター「G1K」です。現行モデルでは「G1N」がほぼ同じものになります。)


ZOOM/ズーム G1N コンパクト・マルチエフェクター

実際に(チューニングを合わせて)使う状態で、ペグへの弦の巻き数が適切なレベル(弦が伸びる前の状態では2巻きくらいでしょう)になるように調整して、余った弦を切ります。



できました!

さっそく、音を出して試してみると…
うん、もとの弦よりはカラリとした高音寄りの固めの音になりました。
これなら、エフェクターに通してもいい音が出そうです。(^^)

ちなみに、ウクレレの弦は、最初は笑ってしまうほど伸びます。さすがナイロン、という感じですが、ほんとに分単位、秒単位でどんどん伸びるので、最初はチューニングなど合わないと思って割り切るしかありません。2週間くらい使っていると、だんだん安定してきます。
posted by そらパパ at 00:34| Comment(0) | TrackBack(0) | ウクレレ | 更新情報をチェックする

2013年04月09日

エレキウクレレで遊ぶ!(7)

さて、エレキウクレレと「エフェクター」を組み合わせて遊ぶ件について、ガジェット好きとしておすすめな方法として、以下の3つがあるということを書きました。

1. 「マルチエフェクター」を買う。
2. 「アンプシミュレータ」を買う。
3. 「PC用オーディオインターフェイス」を買う。


(あとは、もう1つガジェット遊びとして「エフェクターを自作する」といったものもありますが、これは私的に敷居が高いので今回はとりあえず書かないことにします。気が向けばなにか書くかもしれません。)

で、これら3つのオプションのなかでどれがいいか?ということになるわけですが・・・

これは、難しいです。
どれにも、いいところと悪いところがあります。

まず、「格安のガジェットが選び放題」という状況にもっとも近いのが、1.の「マルチエフェクター」であることは間違いありません。

「マルチエフェクター」は、古くてまだまだ使えるモデルがオークションやリサイクルショップや中古楽器店などで激安で手に入ります。
単機能の使い古されたボロボロのコンパクトエフェクターが1万円前後したりするのに、経年劣化以外のキズなどがほとんど見当たらない、状態のいいマルチエフェクターが中古楽器店やリサイクルショップで3000円とかそういったレベルで買えます。
オークションをうまく使えば、1000円前後でマルチエフェクターを手に入れることも十分可能です。

その代わり、古い機材が多いだけに、どのモデルが「古くても使える」モデルで、どれが「古くて使えない」モデルかを識別したり、お店の中古品が割高なのかお値打ち品なのかを判断する「相場勘」が求められます。
まあ、このあたりはガジェット好きならむしろ楽しめる部分なのではないかと思います。

次に「アンプシミュレーター」ですが、このジャンルは割と最近のモデルが多く、音のクオリティも高いものが多いです。操作も、プリセットされたアンプモデルだけを使うなら非常に簡単です。
問題は、比較的高価な機材が多く、「気軽に」というところからは少し外れる傾向が強いことでしょうか。また、機材のサイズも少し大きめなものが多い気がします。
ただ、このジャンルについては、LINE6社の「PODシリーズ」がほぼ一人勝ちの状態なので、あえてそのシリーズ以外を狙うと、かなり安く機材が手に入るでしょう。

「オーディオインターフェイス」は、安いものは新品でも非常に安く(2000円台)手に入りますし、それでいてエフェクトのクオリティも高く、満足できる音が手に入ります。また、機材のスペースも少なくてすみます。
問題は、PCの設定が面倒でマシンパワーが必要なこと、PCが近くにないと使えないこと、弾いた音が少し遅れて鳴ってしまう「遅延」の問題が発生しやすいことなどがあげられます。

で、改めて「結局どれがいいんだ?!?」ということになるわけですが・・・

それに対する個人的な意見は、

1. エフェクターをガジェットとして楽しむ余裕がある、安いものならいろいろ買い増しても全然平気、ということなら、まずは「古いマルチエフェクターを激安で買う」というのがいいと思います。

2. とりあえず簡単にいい音が出したい、できれば買い増しとかはしたくない、ヘッドフォンで練習するときに気持ちいい音で練習したい、という場合は、「まずはアンプシミュレーターを1台買ってみる」のがいいと思います。

3. とにかく機材は最小限にしたい、PCの細かい設定を詰めていくのは苦にならない、持っているPCのスペックはまあまあ高い、ということなら、「アンプシミュレータソフトがバンドルされたオーディオインターフェイスを買う」のもいいでしょう。


ということで、まあ結局「好きに決めてください、どれを選んでも大きなハズレはないですよ」という感じですね。
どれかを選んだあとで、別の選択肢に移るのは簡単ですし、実際、私は3つすべてを行ったり来たりして遊んでいますので(笑)。

(次回に続きます。)
posted by そらパパ at 00:10| Comment(0) | TrackBack(0) | ウクレレ | 更新情報をチェックする

2013年04月07日

エレキウクレレで遊ぶ!(6)

さて、ギター用のエフェクターというものは「さまざまな方法でギターの音を加工するもの」なわけですから、エフェクトにもさまざまな種類があります。
それらのさまざなエフェクトの「揃えかた」として、大きく2つの方法があります。

1つは、それぞれのエフェクト種類ごとに1つずつエフェクターを用意して、それを物理的にケーブルでつないでいく方法。
もう1つは、たくさんのエフェクトを1つの機材だけでかけていくことができる「マルチエフェクター」というものを利用する方法です。

本格的にギターをやっている人は、1つ1つのエフェクトにこだわり、前者の方法(単機能エフェクターをつなぐ)をとっている方がほとんどのようです。

一方、お手軽さという点では圧倒的にマルチエフェクターに軍配があがります。
特に、少し古いデジタル式マルチエフェクターや、現行であっても不人気モデルなどは、暴落といっていいくらい値段が下がっていますから、本当に気軽にあらゆるタイプのエフェクターを組み合わせて楽しむことができるような状況になっています。

これはガジェット好きにとってはたまらない状況ですね。
デジカメでいうと、不人気メーカーの格落ち品とかがあっという間に価格暴落してしまう状況と似ています。

当然、私はそういった安価なマルチエフェクターに手を出しているというわけです。
マルチエフェクターには直接ヘッドフォンをつなぐことができるものがほとんどですから、エレキウクレレとマルチエフェクターをギター用ケーブル(シールド)でつなぎ、マルチエフェクターにヘッドフォンをつなげば、各種エフェクトをかけたあとの迫力ある音で静かに練習できるというわけです。

さて、そんなマルチエフェクターですが、ジャンルとしては大きく3つあると考えています。

1つは、ハードウェアの「マルチエフェクター」
これが最もオーソドックスなスタイルでしょう。
機材として売っている「マルチエフェクター」のハードを買ってきて使う、それだけです。


Amazon マルチエフェクターリスト

第2は、「アンプシミュレーター」という名前で売られている機材(ハードウェア)を買ってきて使う、という方法です。
アンプシミュレーターというのは、文字通りギターアンプの音色を再現することを目的にしたエフェクターですが、実態としては「マルチエフェクター」そのものです。
「見せかた」の問題として、マルチエフェクターは、細かいエフェクトの1つ1つを順に設定していくミクロ的なアプローチで音を創っていくのに対して、アンプシミュレーターはさまざまなパラメーターがあらかじめ設定されていて「みんながよく知っているあのアンプの音色」を一発で呼び出して再現する(そのうえで、響きの微調整などを行なう)というマクロ的なアプローチをとっていますが、中身としてはほとんど同じなわけです。
実際、最近の「マルチエフェクター」として売られている機材であっても、ほとんどのものに「アンプのシミュレーション」の機能が含まれていますし、「アンプシミュレーター」でも、アンプのシミュレーションと同時にさまざまなエフェクトを別途(マルチエフェクター同様に)かけていくことができます。


Amazon アンプシミュレーターリスト

・・・説明が長くなりました。
要は、エレキウクレレにいろいろなエフェクトをかけて気に入った音色で鳴らしたい(練習したい)という場合は、マルチエフェクターでもアンプシミュレーターでもどっちでもいいし、できることも大体同じですよ、ということです。
(値段は、アンプシミュレーターと名前がついているもののほうが若干高い傾向があります。)

さて、話をもとに戻して、マルチエフェクターのハード、アンプシミュレーターのハードという2つの方法に続く、第3の方法ですが、「ソフトウェアのアンプシミュレーターを(PCで)使う」という方法です。

ただし、この場合も、実は、ギターとPCとをつなぐための「ハードウェア」が必要です。具体的には、USB接続のPC用オーディオインターフェイスをPCに接続し、そのインターフェイスにギター(とかエレキウクレレ)を接続、PC上のソフトウェアでエフェクトをかけて音を鳴らす、という形になります。



つまり、まとめていうと、

1. 「マルチエフェクター」を買う。
2. 「アンプシミュレータ」を買う。
3. 「PC用オーディオインターフェイス」を買う。


という三拓になるわけですね。

(次回に続きます。)
posted by そらパパ at 17:56| Comment(0) | TrackBack(0) | ウクレレ | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。