2013年09月23日

ガジェ連的・変則エレキウクレレの始めかた

このブログでもちょこちょこと書いてきたとおり、私はウクレレを「エレキギターっぽく」始めたい、というテーマで試行錯誤してきたわけですが、ここへきて大体、「これがいちばん自分のやりたかったスタイルに近いな」というやり方が固まってきました。

結果的に、かなりトリッキーで、あまり他のブログとかでは紹介されてないであろうスタイルになった(笑)ので、エントリ書きたいと思います。

1.エレキウクレレ
エレキウクレレは、エレキウクレレそのものを買うのではなく、エレキギターから弦を2本取り除いたものを使います
というのも、まずナイロン弦のウクレレでは、どんなにエレキ化してエフェクターを通しても、納得できるようなエレキギターっぽい音にはなりませんでした。
スチール弦が張れるエレキウクレレも入手しましたが、値段が高い割には楽器としての全体的な精度が高くなく、また海外から個人輸入しないとほとんど手に入らない入手製の悪さもネックとなりました。

これに対し、エレキギターは非常に入手性もよく、安価で精度の高いモデルが簡単に買え、音質も当然「エレキギターそのもの」です。
一方で、エレキギターはウクレレよりもずっとサイズが大きい、という欠点がありますが、これを解決するのが、トラベラーギターから出ている「Ultra Light Steel」または「Ultra LigHt Electric」という、超コンパクトモデルです。

旅行のお供に最適!TRAVELER GUITAR / Ultra Ligh...

旅行のお供に最適!TRAVELER GUITAR / Ultra Ligh...
価格:29,800円(税込、送料込)

旅行のお供に最適!TRAVELER GUITAR / Ultra Li...

旅行のお供に最適!TRAVELER GUITAR / Ultra Li...
価格:29,800円(税込、送料込)


Ultra Light Electric / Ultra Light Steel
トラベラーギター

これらは、サイズ的にはテナーサイズのウクレレとほぼ同じ、重さも1kg台でエレキギターとしては考えられないくらい超軽量なのに、フルスケールで素晴らしい音鳴りをしてくれる、まさに私にとって理想の「エレキウクレレ」です。
(ちなみに上記2つの違いは、Steelがピエゾピックアップなので「エレアコ」、Electricがハムバッカーなので「エレキギター」ということになります。)

1弦と6弦を取り外し、5弦~2弦のチューニングを「A-D-F#-B」とすると、ウクレレのLOW-Gチューニングに対してオクターブ下で全音だけ上、というチューニングになります。

2.練習用エフェクター
エフェクターもいろいろなものを試しましたが、最終的に、軽くて小さくて壊れにくくて電池で駆動して、練習で使うクリーン系の音がきれいに出る、という基本スペックの高さから、現在いちばんよく練習用に使っているのは、ZOOMの「G1Next」になっています。


G1Next
ZOOM

G2系もG3系も、他のメーカーの廉価レンジのマルチエフェクターもいろいろ持ってるんですが、気軽さという点でやっぱりG1Nがいちばん使いやすいです。(あとは、音のよさとコンパクトさのバランスで「G2Nu」も捨てがたいですね。)


G2Nu / G2.1Nu
ZOOM

ちなみにクリーントーンだけなら、1つ前の「G1」でも音は全然変わらないので、中古で安く売っていたら練習用にはいいと思います。(歪み系はG1Nのほうが無印G1よりいいです)


3.シールド
まあシールドなんかは好みの問題だとは思いますが、安くて変な音にならなくて使いやすいシールドっていうのは、意外と限られているようにも思います。
何種類か試してみて、いま気に入ってずっと使っているのは、「Live Line」というブランドの「LE-Stage」というモデル。
まず、練習用に最適の「2m、S-L(片方がストレートで片方がL字)」というタイプがとても安く出ていること、そして太さが細目で柔らかく、軽さも加わって取り回しが非常にしやすい点が素晴らしいです。色がいくつか選べるのもいいですね。音がやせることもなく使いやすさNo.1。


LE-B 2M S/L , LE-R 2M S/L
2mギターケーブル
LIVE LINE

4.ヘッドフォン
これ使ってます。安さにつられて買ったのでそれほどこだわりはないですが、使いやすいですよ。

 BEHRINGER HPM1000...

 BEHRINGER HPM1000...
価格:780円(税込、送料別)


HPM1000
ヘッドフォン
Behringer

5.教本&楽譜集
まあこれも好みはあると思いますが、ものすごく初心者むけのものとして。
教本は、Amazonなどでも評判のいい、こちらが実際とても使いやすいです。


はじめよう! ウクレレ
ヤマハミュージックメディア

楽譜がたくさん載っていて、1曲目はすごく丁寧に、あとは数をこなしていくスタイル。コード弾きで弾き語りも、ソロも両方カバーしているのもポイントが高いですね。

そして楽譜集は、個人的にはこれの右に出るものがないです。


今すぐ弾ける ウクレレ初心者レパートリー全集
藤岡 秀夫
ドレミ楽譜出版社

特徴は、とにかく易しくアレンジされている点。初心者でも、いきなり初見でかなりの曲が弾けてしまうレベル。たぶん、この楽譜集より易しいアレンジでこれだけの曲数が載っている楽譜集はないと思います。
まあそのぶん、慣れてしまうと物足りなくなってしまうかもしれません。
posted by そらパパ at 22:15| Comment(0) | TrackBack(0) | ウクレレ | 更新情報をチェックする

2013年09月03日

LUMIX DMC-FX700(デジカメレビュー)

このブログでもたくさんエントリを書いている「デジカメ」ネタですが、最近はウクレレとかのほうに興味が移って写真撮影の趣味への「熱」は小康状態です。

大量に買っていたジャンクレンズもほとんど処分(捨てたりハード○フに売ったり)して、メインのデジイチ数台+本当に使うレンズに機材を絞り込みました。
また、コンデジについても、今後使わないと思われるものはどんどん処分したため、所有台数はかなり減りました(それでもまだたくさんありますし、このブログでご紹介した機種などはほとんど全部残っていますが(笑))。

そんななかで、最近逆にスペア機を買いたした例外的なコンデジが、こちらになります。


LUMIX DMC-FX700
Panasonic

このコンデジは、普段はまったく使っていないのですが、特定のシチュエーションで毎年使っていて、そのシチュエーションでの利便性は他の機種の追随をまったく許しません。

それは、

暗いところでのハイビジョン動画撮影

です。

もっと具体的にいうと、娘の小学校での年1回の発表会の撮影に、毎年このコンデジを使っています。
この発表会では、劇みたいなものを真っ暗な体育館(ステージだけ明かりがついている)で発表します。
観客の席はパイプ椅子で、撮影のための特別なスペースはありません。(自分の子どもが出ている時間だけ、特別観覧席に移動できて割と前で撮れるのですが、やはりパイプ椅子でスペースはぎりぎりです)

そんな状況で、コンパクトでかさばらず、席に座ってすぐに一脚に取りつけて撮影が始められて、明るいレンズとCMOS素子で暗いシーンに強く、使いやすい標準的なハイビジョンフォーマットで撮影できて、バッテリーが大きめで持ちがいい。さらに音声もステレオ録音できる。

それなのに、中古の価格がとてもリーズナブルで、手軽に入手できる。

それが、このDMC-FX700なのです。

夫婦で発表会を見に行くときは、妻にこのFX700を持たせて(録画開始ボタンをおして一脚を支えてるだけでOK)動画担当、私はデジイチに明るい単焦点レンズを付けて静止画担当というかたちで役割分担しています。

このFX700、静止画を撮るとノイズリダクションが強烈にかかって、いわゆる「塗り絵」になってしまうので、コンデジとしての全体的な評価は決して高くありません(私もその部分は評価できないと考えています。まあ使えないレベルではありませんが)が、動画コンデジとしては、この機種以降の廉価レンジのどのコンデジもかなわない高いレベルでの安定したバランスを誇っています。

こんなバランスのいい「名機」は、もうそうそうは出ないだろうな、ということで、中古で安価に出ていた出物を発見したので、スペア機として買いたした次第です。

動画を撮るにはとてもいいコンデジですので、そういった用途を考えている方は見かけたら買ってみてもいいと思います。
posted by そらパパ at 23:25| Comment(0) | TrackBack(0) | デジカメ | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。