ご注意! タブレットのファーム改造、レンズ改造など、当ブログ記載事項を試したあらゆる結果に対して、当ブログは責を負いません。メーカー保証も受けられなくなります。あくまで自己責任でお願いします。

2013年12月21日

ZOOMの新マルチエフェクター「G1on」、届きました!

ずいぶん長らく待たされましたが、ようやくゲットできました!


G1on / G1Xon
ZOOM




結局、Amazonから買ったのですが、せっかく予約していたのに「届いた」という声をあちこちで聞き始めても一向に発送の気配がなく、いちど予約をキャンセルして再度予約したら、翌日に発送されました(^^;)。



なんか箱が小さい!
G1Nextのときの半分くらいしかない感じです。G1NextはACアダプタを入れるスペースがありましたが、G1onはそれがないからのようです。



箱の中には、本体、説明書、そしてアルカリ電池4本。とてもシンプルです。



このG1on、いままでにない形をしているので、写真だけ見ると大きさのイメージがつかみにくいですが、これまでのG1シリーズとほぼ同じ大きさです(フットプリントはわずかに大きくて、高さ(厚み)はほんの少し小さい感じです。手にした印象は「G1Next」より小さく感じます)。



このG1onのウリは、G3シリーズなどと同じ、高詳細の液晶画面を使って、コンパクトマルチ風にエフェクトを自由な順序で接続し、たくさんのパラメータを詳細にいじることができることですね。
その部分に嘘はなく、たしかにG3シリーズ等と同じようにエフェクトを操ることができます。

ドラムマシン、チューナー、ルーパー、AUX入力など、練習に便利な機能も全部入りです。
当然、乾電池でもACアダプタでも動作しますし、マルチエフェクターとしてサイズもミニマムなので、機動性も抜群です。(ヘッドフォンがちゃんと刺さる点も地味に便利です。)

全体的には、この値段でこれだけの機能を盛り込んでくるとは、さすがZOOM!という感じです。
この価格帯にはもはや敵なしと言っていいのではないかと思います。

これからギターとか始める人は、これだけのわずかな出費で、練習にちょっとしたライブに、幅広く使えるマルチエフェクターが手に入るわけですから、素晴らしいですね。

というわけで、バリューフォーマネーは最高なこのG1onシリーズですが、あえて気になる点を書いてみると、

・プリセットを使うだけならまったく簡単だが、エディットしようとするとかなり複雑な操作が必要。
 直感的な操作は従来のG1シリーズのほうが上。初心者はたぶんエディットできないと思います。

・操作ボタンの数が少ないようで、ボタン操作がかなり複雑です。特にエディット時は難しい。

・これは気のせいかもしれませんが、G2NuシリーズやG3シリーズと比べて、レイテンシーがちょっと長いような気がします。

ともあれ、この価格帯のマルチエフェクターとしては間違いなく最高性能です。
安くていろいろ使えるエフェクターを探している方、とりあえずエフェクターが必要な方、たぶんこいつがベストバイですよ(^^)。


posted by そらパパ at 20:48 はてなブックマーク | Comment(2) | TrackBack(0) | ウクレレ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。