ご注意! タブレットのファーム改造、レンズ改造など、当ブログ記載事項を試したあらゆる結果に対して、当ブログは責を負いません。メーカー保証も受けられなくなります。あくまで自己責任でお願いします。

2014年05月30日

キヤノンの自炊スキャナに新製品登場!

もうやめてしまうのかと思ってましたが、ようやく出てきました。

私が愛用しているキヤノンの自炊スキャナ、DR-C125の後継機種として、「DR-C225W」が発売されるとのことです。

http://cweb.canon.jp/newsrelease/2014-05/pr-drm1060.html
ドキュメントスキャナーのラインアップを強化
新A3モデルやWi-Fi対応モデルなど5機種を新発売

imageFORMULA DR-C225W
新製品“DR-C225W”は、給紙された原稿がUターンして本体前部に収まる搬送機構「ラウンド・スキャン」として市場で高い評価を得ている「DR-C125」(2011年7月発売)の後継機種です。カラー・モノクロともに毎分25枚(A4タテ、200dpi時)の優れた搬送性能を継承しながら、新たにWi-Fiスキャンに対応しました。また、同梱のユーティリティソフト「CaptureOnTouch」は直感的に操作できる新インターフェースを採用し、スキャン後の補正・編集などの新機能も搭載したことで簡単にスキャニングが行えます。

発売予定日は6月下旬となっています。


ドキュメントスキャナ
imageFORMULA DR-C225W
Canon

で、変わったところを調べていくと…

・Wifi接続が可能に。
・静音化。
・ユーティリティソフトが使いやすく。


…あれ、あまり変わってなくないですか(^^;)

まあ、それだけ従来機種のDR-C125が優れていたということで、悪くはないんですが。


ドキュメントスキャナ
imageFORMULA DR-C125
Canon

ユーティリティソフトはDR-C125のほうもバージョンアップしてほしいですね。
で、ほんとに切実にお願いしたいのが、スキャン設定がたったの10種類しか保存できないのを無制限にしてほしいということですね。

実際、読み取り設定って、例えば定期講読してる雑誌1冊ごとに最適なものが違うんですよ。
まんがの単行本とかでも、判のサイズ、紙質、ヤケの度合いなどで微調整しないと最適な結果が得られないですし。
だから、ほんとは設定を100種類くらいは保存しておきたいんですよね。
詳細設定で1つ階層を下がると保存可能な設定数は増えますが、トップの階層で無制限に設定を保存できるようにしてもらいたいものです。

さて、閑話休題。

キヤノンの自炊スキャナは、とにかく重送が起こりにくい、起こってもほぼ100%の精度で検知して止まってくれる、読み取ったあとのページが逆にならずに小スペースで自動ストックされるなど、個人が自炊するには最高の機能をそなえた非常に使いやすいスキャナです。
某ScanSnapも仕事で使ってますが、自炊にはこっちのほうがずっと使いやすいです。
150万ページスキャンした経験から言ってるので(冗談ではなく本当)そんなに間違ってはいないと思いますよ。


現在スキャン枚数79万2000枚あまり。基本的にすべて両面スキャンなのでページでいうと150万ページ超相当。

大判の雑誌やカラーの大型本はちょっと苦手。紙が滑りやすいですし、色の再現性はあまりよくありません。
どちらかというと文庫、新書、コミック、モノクロの単行本などのスキャンを中心に使う方にこそ強くおすすめします。

今から狙うなら、もちろん新しい「DR-C225W」がいいと思いますが、本体性能自体はまったく変わっていないようなので、格落ちした「DR-C125」を安く見かけたら、そちらを選んでも失敗したと感じることはないでしょう。


posted by そらパパ at 07:54 はてなブックマーク | Comment(0) | TrackBack(0) | 電子書籍 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月23日

Pandawillのクリアランスセールが熱い!

いま個人的に目が離せないな、と思ってしょっちゅう覗いているのが、中国の個人輸入サイト「Pandawill」の「クリアランスセール」のページです。

http://www.pandawill.com/clearstock/stock/index/mostsave/desc/

微妙になくなってしまいそうなアドレスですが、その場合はたぶんトップページの目立つところに「Clearance Sale」というリンクがあると思います。

ここを見ると、型落ちになった、ちょっとモデルの古いAndroidのタブレットなどが驚くほど安く販売されています。



たとえば、この中央下にあるキッズ向けタブレット、なんと39ドル99セントです。(送料はすべて無料)
スペック的にも、RAMが512MBというのは残念ですが、内蔵ストレージは8GB、Androidバージョンは4.1、静電タッチパネルで1024×600の解像度、3300mAhのバッテリーと、必要最小限以上のスペックをもっており、子ども向けには十分な内容です。

いくつか試してみましたが、ここでのモデル選びのコツの1つは、「半額以下になっているものを狙う」ということでしょうかね。
たとえば230ドルくらいだったものが99ドル99セントになっていたりするものを選ぶと、ほんとに値段からは想像できない高性能で大きな満足を得られる(ことが多い)です。
これが、2割3割引き程度だと、もとのスペックもそこそこに留まるので、そこまでの感動はないかもですね。

ただ、いずれにせよ、サポートや故障修理、郵便事故対応などはないものだと思ったほうがいいレベルですし、機能的に使っていい機能と使わずに運用しなければならない機能があったりしますから、そのあたりを理解のうえ、覚悟して買える方専用ではありますが。


posted by そらパパ at 07:58 はてなブックマーク | Comment(0) | TrackBack(0) | Android | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月18日

格安SIMを契約してみました。

私はかつて、当時はほとんど1社だけでいわゆる「格安SIM」を提供していた、B-MOBILEのSIMを3枚ほど使い切っては買い直して使っていて(ほんとはチャージできるけれども買いなおしたほうが安かった)、モバイルルータを足すと10万円くらい使っていた、割と「筋金入り」の格安SIMユーザーですが、メインの携帯をスマホに替えてからは、格安SIMを使わなくなっていました。



でも最近、格安SIMの値段帯がどんどん下がってきて、「お遊び」でもってもいいレベルにまでなってきたことと、手元にSIMフリーの白ロムスマホ等が少しずつたまってきて、これらで遊んでもいいなあ、と思えてきたこともあって、久しぶりに格安SIMを使ってみることにしました!

いろいろ悩んで、最終的に選んだのがこちらのSIMです。

http://dream.jp/mb/sim/
ServersMan SIM LTE

月額467円で、250kの3G通信が使い放題です。
チャージすることでLTE回線を高速で使えるようですが、まったく興味がありません。
ベースになっている3G通信が安定してそこそこの速さで使えて、安いSIMカードを選びました。
ちなみに、月額143円追加してSMSオプションをつけました。
これは、SMSサービスを使いたいわけではなくて、白ロムとの相性問題が解消しやすい(これがないとアンテナピクト(アンテナのマーク)が立たなかったり、バッテリ消費が異常になる(セルスタンバイ問題)などが起こりやすい。実際、かつてのB-MobileのSIMカードではSMSオプションがつけられなかったのでよくこれが起こっていた)のでつけました。
それでも月額は総額で610円ですから、非常に安いですね。


↑こんな感じで届きました。SIMは、B-mobileのときもそうでしたが、docomoのロゴ入りで、ぶっちゃけdocomoそのものです。

いま、いろいろなSIMフリーの白ロム(というか、実際にはSIMフリーになるようにファームを調整したり、最初からSIMフリーの機材を調達したりと、実はそちらのほうがハードルは高い部分がありますが)で試して遊んでいます。

スピード的には、3Gを使っているという意味では遅さをあまり感じません。
(実際、速度制限がかかっていない3Gでも、200-300kくらいしか出ないことは日常茶飯事なので)

これはいいですね。
電話は直接はかけられませんが、各種IP電話サービスを使えば何とかなりますし、もしかするとガラケー+格安SIMを使ったスマホ、という2台持ちのほうが経済的かもしれませんが、とりあえず当面は「本命スマホとお遊びスマホ(またはタブレット)」という感じで使っていきたいと思います。


posted by そらパパ at 23:07 はてなブックマーク | Comment(0) | TrackBack(0) | スマートフォン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。