2012年10月05日

格安中古コンデジで遊ぼう!(1)

私の趣味の1つにカメラがあります。
それは当然、一眼レフで花を撮影したり、コンデジでスナップを撮ったり、古いレンズを改造したり、といったことが含まれるわけですが、それ以外に、「安いコンデジを集めたり使ったりして遊ぶ」というのも、私にとって大きな楽しみだったりします。

コンデジの歴史は(普通に買えるようになってからだと)せいぜい15年くらいしかありませんが、その間の進化は劇的です。

そして、その歴史の中では、もう二度と出ないであろうと思われるような珍モデル、特定の機能に著しく秀でた一芸モデル、素晴らしいバランスのうえに成り立った、いまでも普通に使えそうな優等生モデルなど、さまざまなモデルが出てきました。

しかも(?)嬉しいことに、コンデジというのはフィルムカメラとは違い、単なる工業製品と市場に認知されているせいか、古いモデルは劇的に値下がりし、あっという間にジャンク的価格に値落ちします
なので、上記で触れたような、さまざまな魅力的なモデルを、それこそ1000円程度から、せいぜい数千円で手にいれることができます。

そこで、「シリーズ記事」として、そんな手頃な「オールドコンデジ」のなかから、使えるモデル、ユニークなモデルなどをご紹介していきたいと思います。

今回ご紹介するモデルはこちら。

CASIO EX-H10
カテゴリ:使えるコンデジ



ヤフオク検索クエリー

この「使えるコンデジ」カテゴリでは、中古価格で3000~5000円程度の激安価格で手にはいるのに、いまの視点で見てもまったく不便なく使える、実用性のあるコストパフォーマンスの高いコンデジをご紹介します。

さて、このカシオのコンデジですが、「使えます」。
実際、この夏休みの帰省&旅行の際に試しに持っていったのですが、実に使いやすくて感動しました。

まず、バッテリーがめちゃくちゃ持ちます
バッテリーの容量は、最近のスマホさえ上回る1950mAh!多くのコンデジのバッテリー容量の3倍くらいあります。ですので、普通のスナップ撮影程度であれば、旅行などでも充電器をもっていく必要はまずないでしょう。公称撮影可能枚数も1000枚という前代未聞の枚数になっています。

もう少し長い旅行なら、互換バッテリーを充電して持っていけばいいでしょう。
これだけベースの容量が大きいと、互換バッテリーであっても、一般的なデジカメの純正バッテリーよりはもちますから、予備バッテリーとしてはまったく問題ありません。



実際に使ってみると、バッテリーの心配をしなくていいということが、旅行先でのコンデジの安心感にここまえ繋がるんだ、と改めて実感しました。

さらに、広角端は24mmと、よくある28mmよりも大幅に広角なので、風景撮影などでは迫力のある写真も撮れますし、ズーム倍率は10倍ですが、いわゆるトリミングズームで倍率を稼ぐことができるので、実質300mm相当くらいまでの望遠撮影も可能です。
古いコンデジでは、広角が物足りないことがよくあるのですが、こちらもまったく不足なし。

画質は、カシオのコンデジの癖があり、まあ特に美しいということはありませんが、コンデジ画質としては文句のない水準です。

総合的にみて、電池が恐ろしく長持ちし、超広角から超望遠まで楽しめる、「1台目」としてメインで使用してもまったく不満のない、実に優等生的なコンデジです。

こんな使いやすいコンデジが、うまく中古を探すと数千円で見つかるのですから、本当に素晴らしいですね。(^^)

※ちなみに、この機種の後継である「EX-H15」も、基本的には同じデジカメです(ただし中古相場が少し高いです)。
 それより後の機種になると、中古相場が大きく上昇するうえ、バッテリー容量が減ったりしてむしろ「旅カメラ」としてはスペックダウンしている部分が出てきたりしますね。


posted by そらパパ at 23:30| Comment(2) | TrackBack(0) | デジカメ | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
そうそう、最初のデジカメはカシオです。レンズが回転して、自分撮りもできました。しかもパラレル接続、画像は独自規格(^_^;)35万画素でもデジカメ持ってるだけでおぉ!とオフ会で重宝がられましたものね。

15年で6台買いましたが、画素数は倍々ゲームなのに、お値段据え置きで悔しいです。中古の世界を早く知ってたらなぁ。
Posted by きよ at 2012年10月06日 00:29
きよさん、

コメントありがとうございます。

私は最初のデジカメはFujiの超珍しいスケルトンモデルでした。

http://soramame-shiki.seesaa.net/article/111709594.html

これも30万画素でした。

私は最近は中古もたくさん手を出してますが、実際に使っているのは、意外と新品の型落ち格安モデルが多い気がします。

ちなみにいまはリコーのCX5です。
これも、使い始めてかなりたちますね。
ここ最近はずーっとリコーのCXシリーズを渡り歩いています。

他のコンデジもいろいろ試して、どれもそれなりにいいなと思うんですが、やはりマクロ撮影の不便さからCXに戻ってきてしまうんですよねえ。
Posted by そらパパ at 2012年10月15日 21:58
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。