2012年10月12日

Sony Readerアプリ、全Android端末に解禁!

Sony Readerユーザー待望の、Android用汎用Readerアプリがリリースされました。

Readerアプリが“Android”の大海原へ Xperia以外でも利用可能に
http://www.itmedia.co.jp/pcuser/articles/1210/11/news017.html

これまで、ReaderアプリはソニーのタブレットやスマホのXperia専用でしたが、今回ようやく、他のAndroidデバイスでも利用ができるようになりました。
利用条件として、Androidのバージョンが2.3以上、内蔵RAMが512MB以上となっているので、そこそこ新しいスマホやタブレットなら対応できそうです。

さっそく、私が普段使っているスマホ、ISW11SCにインストールしてみました。
ちなみにファイルサイズは、24MBほどありました。

起動すると、普段からReaderで使っているSony IDの入力を求められます。(もちろんIDを新規取得することも可能です)

IDの入力が成功すると、購入履歴などに簡単にアクセスでき、そこからこれまでに買った本をすぐにダウンロードすることもできます。

マンガ以外の電子書籍は、基本的にはテキストデータなのでファイルサイズが小さく、3G回線でもほぼストレスなくダウンロードできます。
気が向いたときに、読みたい本だけをダウンロードする、クラウド的な電子書籍の利用が、スマホやタブレットがあるだけで簡単に実現できますね。

ちなみに、サポートされているフォーマットなら、別の電子書籍サイトでダウンロードした電子書籍ファイルや自炊ファイルなど、Readerストア以外で入手した電子書籍をコピーしてきてこのReaderアプリで読むことができます。
( mnt/sdcard/Reader フォルダのどこかにコピーして、メニューから「ファイルの取り込み」を選べば取り込まれます)

私も、楽天ダウンロードで購入したDRMフリーの zbf ファイルを取り込んでみたところ、正常に取り込まれて読むことができました。

うーん、これはなかなかいいですね。

じっくり読書したいときは、専用機であるReaderを使って読書をして、通勤途中や空いた時間に気軽に読みたいときは、Readerアプリを使ってスマホなどで読書ができます。
「どこまで読んだ」みたいな情報も、クラウドで同期できるようになっています。(ただし、同期できるのはReaderアプリ間と、新しいReader「PRS-T2」のみ)


Sony Reader PRS-T2

今なら、Sony IDをつくってアプリからログインするだけで、本を買うのに使える300円分のポイントがもらえるキャンペーンが実施中です。

300円程度で買える本というと、個人的にはこのあたりが好きですね。(^^)

ほうかごのロケッティア:315円

緋(あか)い記憶:420円

屋根裏の散歩者 人間椅子 パノラマ島奇談(江戸川乱歩集):315円

5分間ミステリー :350円




posted by そらパパ at 22:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 電子書籍 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。