ご注意! タブレットのファーム改造、レンズ改造など、当ブログ記載事項を試したあらゆる結果に対して、当ブログは責を負いません。メーカー保証も受けられなくなります。あくまで自己責任でお願いします。

2015年09月22日

Kindleでセルフ出版にチャレンジ!(10)ページ送りを直す

さて、いま婚活本はちょうど無料キャンペーンの最中ですが、ユーザーレビューで星1つをもらってしまいました。
内容を批判されてるのかな、と思ったのですが、見てみるとページ送りが逆だという指摘でした。

これ、最初にリリースしたときに気づいたのですが、どうしても直せなかったのです。
というのも、KDPの出版プロセスの途中のオプションに、ページめくりの設定があって、ここでちゃんと「右送り」に設定しているにもかかわらず、変換してみると左送りになってしまっていたからです。
左送りに設定したらそのまま左送りになってしまうので、どうしようもない状態でした。

ただ、ここまではっきり指摘されてしまうと放置しておくわけにもいかないと思い、改めていろいろ調べてみました。
で、1つ分かったことは、そもそもKindleの変換時にはページめくりの設定は存在しないようだ、ということ。左送り右送りという設定は、本の情報として設定されているだけで、ファイルの変換には反映されていないようなのです。

だとすると、怪しいのはePubです。
さらに調べていくと、ようやく分かりました。

ePubのソースファイルで、「contents.opt」を開いて、

<spine toc="ncx">

となっているspine節を以下のように修正します。

<spine page-progression-direction="rtl" toc="ncx">

そのうえで、Kindleの変換に読ませたら、ちゃんと右送りになりました。


…うーん、こんなピンポイントの設定が必要とは…
やっぱり電子書籍つくりって難しい。



posted by そらパパ at 10:16 はてなブックマーク | Comment(0) | TrackBack(0) | 電子書籍 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/426504185
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。